ストレス社会で生きる現代人が用心すべき事|心身症への理解を深める

心が関係する病気心身症
このエントリーをはてなブックマークに追加

ストレスが病気の原因

悩む男性

心身症はストレスが契機になって心や体に支障をきたす病気です。頭痛や胃潰瘍、過敏性症候群などになって病院で治療を受けてもなかなか治らない場合には、心身症が疑われるので心療内科でも治療を受ける必要があります。

詳細へ

心ではなく身体の病気です

カウンセリング

心身症は、ストレスが原因で引き起こされる身体の不調のことを言います。ストレスが掛かることによって、不調を来たす臓器は人それぞれですが、胃腸に不調が引き起こるケースが多い傾向にあります。心身症を治すには、ストレスと向き合うことが重要です。自分なりのストレス解消法を見つけて、心身症を克服しましょう。

詳細へ

不調の原因はストレス

頭を抱えるメンズ

精神的なストレスが身体に影響を及ぼして、様々な器官で機能障害をきたす症状を心身症と言います。これは体内でも弱い臓器で発生することが多く、その治療は心身の症状ともに行なっていくようです。また、治療に際しては心療内科を受診するようにしましょう。

詳細へ

心と密接に関わる身体疾患

ドクターたち

胃潰瘍や過敏性腸症候群・片頭痛・高血圧などの身体疾患は、心理的ストレスが深く関わっている場合は心身症と診断されます。検査で異常が見つからない身体表現性障害同様、心身症も心療内科での治療が適しています。心療内科では薬による対処療法だけでなく、カウンセリングによる心理療法で高い治療効果を挙げています。

詳細へ

ストレスが原因の身体疾患

看護師

心と体の病気の特徴

「心身症」は、精神的なストレスが原因で、内臓の異常や頭痛、腹痛といった身体的な症状が現れる病気です。責任のある役職についている、真面目で几帳面な性格の人が発症しやすいとされています。また近年働く女性が増え、職場や家庭でストレスを感じる機会が増えている為、心身症を発症する女性が増加傾向にあるとされています。心身症に分類される代表的な内臓疾患が「胃潰瘍」です。精神的なストレスの蓄積は、自律神経の働きに異常を生じさせます。自律神経が乱れると胃酸が過剰に分泌されてしまい、この過剰な胃酸により胃の粘膜が傷をつけられ潰瘍の形成に至るのです。心身症とされる胃潰瘍の主な症状が、吐き気やゲップ、そして食事中や食後のみぞおち周辺の鈍い痛みとされています。そして胃潰瘍の他にも、心身症が発症すると喘息の重症化や、長期的な下痢や頭痛といった症状が現れます。心身症は身体に症状が現れる為、内科を受診する人が多いのですが、原因は精神的な要因が大きい為に、内科での治療だけでは心身症の根本的な改善には繋がりません。内科的な治療で症状を改善することが出来ても、心のケアを行なわないことには同じ症状が高い確率で再発してしまうのです。心身症の可能性がある場合には精神科・心療内科を受診し、心のケアを行う必要があるのです。ストレス社会で生きる現代人が用心すべき事を学びましょう。

心と体の病気の治療法

心身症の治療は出現している身体的な症状と、心のケアを可能な限り「同時」に行う必要があります。身体的な症状だけ治療しても高い確率で再発し、逆に心のケアだけを重視していると、長期間患者は身体的症状に苦しみ続けることになるからです。このことから、心身症の治療は、身体的・精神的な症状両方を診ることが出来る医師が行うか、または精神科医と内科医が密に連携をとり、治療することが理想とされています。心身症の精神的な治療は、薬物療法と心理療法の併用が基本となります。薬物療法は患者の精神的な症状や性格、ストレスとなっている環境を考慮し、最も適した薬が選択されます。代表的な薬が、抗不安薬や自律神経調整薬、抗うつ薬などです。しかし心身症は薬物療法だけでの完治は難しく、患者に適した「心理療法」を選択し、薬物療法と併用することが最も重要とされています。心身症の心理療法には、行動認知行動療法、自律訓練法、カウンセリング、バイオフィードバック法など12種類の治療法があります。これらの治療法から、専門医が患者に最も適した治療法を選択します。薬物療法、心理療法ともに患者の性格や現在の環境のアセスメント、そして何より患者と専門医の信頼関係が重要とされています。