ストレス社会で生きる現代人が用心すべき事|心身症への理解を深める

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

心ではなく身体の病気です

カウンセリング

ストレスによる身体的病気

心身症は、ストレスなどによって引き起こされる身体の病気のことを言います。過度のストレスが掛かることにより、身体に不調を来たす状態がこれに当てはまります。例えば、ストレスによる胃潰瘍や、下痢や腹痛、高血圧や頭痛なども心身症の一種です。症状の原因にストレスが関与している際、まず心身症を疑います。ストレスによって、不調を来たす部分は人によって異なります。遺伝的にストレスに弱い臓器もあるので、ストレスを感じた際、不調を引き起こしやすい臓器も人それぞれということです。人によって、心身症を引き起こす臓器にばらつきはありますが、胃腸に症状が出やすいケースが多い傾向にあるようです。心身症と間違えやすい病気の一つに、神経症というものがあります。俗に言う、ノイローゼというものです。これは、ストレスが原因で生じる心の病気です。なので、ストレスが原因で身体に不調を来たす心身症とは、少し異なります。神経症と似たような症状で、心気症というものもあります。こちらは、身体的な異常が無いのに現実を悲観視してしまい、日常生活に支障を来たす病気です。精神的な症状が目立つのが神経症や心気症であり、身体的な症状が目立つのが心身症であると覚えておくと良いでしょう。

ストレスと向き合う必要性

心身症になってしまったら、症状を緩和させるためにも、まずは解決すべき心理的問題に向き合うことが重要となってきます。ストレスによって引き起こされている身体的不調は、その元となっているストレス問題を解決しないことには、症状がなかなか改善しないのです。心身症は、ストレスによって身体に不調を引き起こす病気ですが、心の問題も同時に解決しなくてはいけません。内科でも受診することはできますが、病気を根本から治していくには、心療内科を受診することをおすすめします。心身症の治療には、身体の緊張状態をほぐして症状の改善をはかる方法の他に、自律訓練法というものが用いられます。この自律訓練法は、心を穏やかにする目的と同時に、意識的にストレスから身体を解放していく効果があるとされています。これを行うことによって、症状が和らぎ、毎日少しずつ身体の変化を感じ取ることができるようになります。また、この自律訓練法は不安障害や、睡眠障害などにも用いられる治療法の一つです。副作用が無いため、安心して行うことができます。このように、心身症を治すためには自分の中にある問題と向き合い、ストレスに対して上手く対処できるような心構えを作っていく必要があります。心身症の治療や予防に最適なのは、ストレスと上手く付き合っていくことと、ストレスを上手く受け流すことです。自分なりのストレス解消法を見つけることが、心身症の改善へと繋がります。